ゴキブリ対策にハッカ油を使う理由

ゴキブリ対策に、ハッカ油を使う方法もあります。

ハッカ油は香りも良く自然のものなどで、薬剤を使うゴキブリ対策よりも安心できます。

では、ハッカ油の効果はどんなものがあるのでしょうか?




ゴキブリ対策でのハッカ油の効果とは?

ハッカ油のハッカとは、ミントのことです。

つまり、ミントから抽出した油が、ハッカ油になります。

実は、ハッカ油はゴキブリを駆除する効果はありません。

では、何とためにハッカ油を使うのかというと、忌避剤としてハッカ油を使います。

忌避剤というのは、簡単にいうとゴキブリを近づけないために使う薬剤のようなものです。

つまり、ゴキブリ対策でハッカ油を使うことで、ゴキブリを退治するのではなく、ゴキブリを近づけないようにします。

ゴキブリを近づけないようにするためには、この「ハッカ油」が効果を発揮するのです。

ゴキブリ対策でハッカ油を置く場所

ゴキブリ対策としてハッカ油を置きたい場所は、やはりキッチンです。

キッチンは食べ物があるので、ゴキブリスプレーなどは使えません。

そうすると、ハッカ油のような自然のものを使ってゴキブリを近づけないようにすることが最も効果的な方法になります。

使い方は、小さなお皿などにハッカ油を入れ、ゴキブリがいそうな場所、通りそうな場所に置くようにします。

具体的には、シンクの下や冷蔵庫の周りなどです。

そうしたゴキブリがいそうな場所、通りそうな場所にハッカ油を置くことで、ゴキブリがキッチンに近寄りにくくなっていきます。

まとめ

ゴキブリ対策にハッカ油を使う場合は、ゴキブリを駆除するためではなく、近づけないようにする忌避剤として使用します。

ただ、それでキッチンからゴキブリがいなくなったとしても、家の中にはまだゴキブリがいる状態です。

ハッカ油をゴキブリ対策として使用する時は、必ず置くタイプのゴキブリ駆除剤を併用するようにしましょう。



黒いゴキブリの赤ちゃんの正体

ゴキブリの赤ちゃんというと、赤茶色の体をしているゴキブリの赤ちゃんが最もよく目の前に出てきます。

ですが、まれに体の黒いゴキブリの赤ちゃんが出てくることがあります。

それでは、体の黒いゴキブリの赤ちゃんの正体は一体なんでしょうか?

体の黒いゴキブリの赤ちゃん

体が黒いゴキブリの赤ちゃんの正体、それは、

卵から孵化して期間の経っていないゴキブリの赤ちゃん

です。

ゴキブリの赤ちゃんは、孵化してすぐは黒い色をした小さい虫です。

他の虫と間違えやすいですが、体に白い2本線があるのが特徴です。

この時期のゴキブリの赤ちゃんは見た目がそれほどゴキブリに見えないため、他の虫と間違えて駆除するのをやめてしまうことがあります。

そうすると、その数ヶ月後には赤茶色のよく見かけるゴキブリの幼虫まで成長、その数か月後には成虫のゴキブリにまで成長してしまいます。

体の黒いゴキブリの期間は、動きも鈍く簡単に駆除することができます。

この時期に、ゴキブリスプレーなどを使って駆除してしまうようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんは、成長時期によって体の色が変わります。

体が黒い時期は体の能力も低いため、簡単に駆除することができます。

出てきた黒いゴキブリの赤ちゃんは、ゴキブリスプレーなどを使って駆除するようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんにブラックキャップは効果があるのか?

ゴキブリの赤ちゃんの駆除には、ゴキブリ駆除剤を使うのが効果的です。

その中の1つが、ブラックキャップです。

では、ブラックキャップは、ゴキブリの赤ちゃんの駆除に効果はあるのでしょうか。

ゴキブリの赤ちゃん駆除にブラックキャップは効果あり!

結論から言うと、ゴキブリの赤ちゃん駆除にブラックキャップはかなり高い効果があります。

ブラックキャップは置くタイプの駆除剤なので、ゴキブリの赤ちゃんが巣を作りやすい

・冷蔵庫の下
・冷蔵庫の裏
・シンクの下
・洗面台の下
・脱衣所

などに置いておきます。

また、ゴキブリの侵入経路にもなりやすい玄関やマンションのベランダにも置いておきましょう。

そうすることで、家の中のゴキブリの赤ちゃんと、家の外から侵入してくるゴキブリを駆除することが可能です。

ゴキブリの赤ちゃんを巣ごと駆除できる!

ゴキブリキャップの良いところは、

ゴキブリの赤ちゃんを巣ごと駆除出来る

ところです。

ゴキブリの赤ちゃんは、巣のようなものを作ってそこで生活をしています。

つまり、ゴキブリの赤ちゃんは1匹出てくると家の中には何匹もいるということです。

ゴキブリキャップは、その毒エサを食べたゴキブリの赤ちゃんだけでなく、そのゴキブリの赤ちゃんが住んでいる巣にいるゴキブリの赤ちゃんも一緒に駆除できます。

これが、ブラックキャップをゴキブリの赤ちゃん駆除で使う一番のメリットです。

まとめ

ブラックキャップは、ゴキブリの赤ちゃん駆除に高い効果があります。

また、使用状況にもよりますが、効果は1年持続します。

ゴキブリの赤ちゃんが出てきたら、ブラックキャップを置いて、巣ごとウl所してしまうようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんにバルサンは効くのか?

ゴキブリの赤ちゃんの駆除には、ゴキブリ用の駆除剤を使うのが効果的です。

昔から使われているバルサンも、その中の1つです。

では、バルサンはゴキブリの赤ちゃんにの駆除に効果はあるのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんにバルサンは効果はあるけれど

結論から言うと、ゴキブリの赤ちゃんの駆除にバルサンは効果はあります。

バルサンは燻煙タイプ(煙が出るタイプ)の駆除剤なので、部屋の隅々まで煙が行き渡ります。

そうすると、その部屋の中にいるゴキブリやゴキブリの赤ちゃんは全滅してしまいます。

バルサンは、ゴキブリの駆除剤としてはかなり効果のある駆除剤です。

ゴキブリの赤ちゃん駆除でバルサンを使うデメリット

ただ、ゴキブリの赤ちゃん駆除で効果の出るバルサンも、問題がないわけではありません。

バルサンは、薬剤の入った煙が部屋の中に充満します。

つまり、部屋の中にあるすべてのものに、薬剤の入った煙がかかってしまうということです。

なので、あまり物がない部屋や、掃除が簡単な部屋であれば問題ないですが、やはりキッチンなどに使うには抵抗があるかもしれません。

キッチンや物が多い部屋には、煙が出るバルサンではなく、置くタイプのゴキブリ駆除剤を置くようにしましょう。

まとめ

バルサンは、ゴキブリの赤ちゃんの駆除にはかなり効果を発揮してくれる駆除剤です。

ですが、部屋に薬剤の入った煙が充満してしまうデメリットもあります。

使う部屋を選べばとても効果の高い駆除剤なので、使う部屋を考えながら置くタイプの駆除剤と併用して使うようにしていきましょう。

ゴキブリの赤ちゃんはどこからくるのか?

ゴキブリの赤ちゃんがどこからくるのか、気になる方は多いと思います。

家の外から入ってくるのか?それならどこから侵入してくるのか?

でも、実はゴキブリの赤ちゃんは家の外から部屋に入ってくるわけではありません。

では、ゴキブリの赤ちゃんは一体どこからくるのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんは家の中で生まれる

ゴキブリの赤ちゃんは、成虫のゴキブリと違って行動力が低いため、家の外から家の中に侵入してくることはありません。

では、一体どこからゴキブリの赤ちゃんは来るのでしょうか?

それは、

家の中でゴキブリの卵が孵化してゴキブリの赤ちゃんが出るようになる

つまり、ゴキブリの赤ちゃんはどこから来たわけでもなく、家の中でゴキブリが繁殖したから出るようになります。

これが、家の中にゴキブリの赤ちゃんが出るようになる理由です。

家の中のどこで孵化しているのか?

そうなると、家の中のどこでゴキブリの卵が孵化しているのかが分かってくると、ゴキブリの赤ちゃんが産まれてくる前に対策が出来るようになります。

ゴキブリが卵を産む場所は、

・キッチン
・冷蔵庫の下
・シンクの下
・洗面所の下
・風呂場
・家具の裏

などがあります。

まずは、こういう場所をしっかり掃除をします。

そうすると、そこに赤茶色のカプセルのようなものが落ちていることがありますが、それがゴキブリの卵です。

駆除の仕方は、トイレットペーパーで掴んでそのままトイレに流してしまうのが一番良いです。

家の外に捨ててしまうと、季節によっては家の外で孵化したものが家の中に入ってくることもないわけではありません。

だから、まだ見た目が気持ち悪くないゴキブリの卵の状態の時に、トイレに流してしまうようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんはどこか他の場所から来るわけではなく、家の中で繁殖して出るようになります。

だから、ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出た時は、まずは他にゴキブリの卵がないか掃除をして探すようにしましょう。

それが終わったら、駆除剤を置くことを忘れないようにしてください。

ゴキブリの赤ちゃんが出たらすること

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出てくるのと、成虫のゴキブリが出るのとでは少し意味合いが違ってきます。

成虫のゴキブリが家の中に出るのは、たまたま外から1匹だけ侵入してきた可能性があります。

でも、ゴキブリの赤ちゃんが出るのは、家の中でゴキブリが卵を産んで繁殖している証拠です。

では、ゴキブリの赤ちゃんが出たら、何をすればいいのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんがいそうなところを掃除する

まずゴキブリの赤ちゃんが出たらすることは、

ゴキブリの赤ちゃんがいそうなところを徹底的に掃除する

ことです。

ゴキブリの赤ちゃんは、人目のつかないところに巣を作って生活をしています。

まずは、その巣を探し出して、掃除をしてしまうことが大切です。

ゴキブリの赤ちゃんが巣を作りそうな場所としては、

・台所
・冷蔵庫の下、裏
・シンクの下
・洗面台の下
・洗濯機の下

などがあります。

巣になっているかどうかは、ゴマ粒程度の黒い糞が落ちている場所があれば、そこが巣になっています。

ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんは清潔な環境を嫌がるので、まずは巣になりそうな場所をしっかり掃除をして、ゴキブリの赤ちゃんが住みにくい環境を作っておきましょう。

ゴキブリ駆除剤を置いていく

ゴキブリの赤ちゃんの巣になっていそうなところを掃除したら、今度はその周辺にゴキブリ駆除剤を置いていきます。

ゴキブリの赤ちゃんの巣がありそうなところは、やはりゴキブリの赤ちゃんが生活しやすい場所です。

そうすると、掃除をしても一定期間経ってまた汚れてきたら、ゴキブリの赤ちゃんが戻ってくる可能性があります。

その時に確実に駆除できるように、駆除剤を置いておくようにします。

使う駆除剤は、巣ごと駆除できるタイプのものを使うようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんが出たら、

・ゴキブリの赤ちゃんがいそうな場所を掃除を徹底的にする
・その周辺に駆除剤を置く

これをしっかりやるようにしましょう。

基本的なことですが、それをしっかりやることが家の中のゴキブリを駆除する最も効果的な方法になります。

ゴキブリの赤ちゃんが一番出やすい台所

ゴキブリの赤ちゃんが一番出やすいのが台所です。

ゴキブリの赤ちゃんに限らず、成虫のゴキブリも台所に一番多く出てきます。

それでは、ゴキブリの赤ちゃんが台所に出てくる原因は何でしょうか?

えさになる食べ物がある

ゴキブリの赤ちゃんが台所に出てくる原因、その1つが、

えさになる食べ物がたくさんある

ことです。

台所には、ゴキブリの赤ちゃんのエサになりそうな食料品がたくさんあります。

食べ物自体もそうですが、生ごみなどもゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが好んで食べるものです。

また、床に落ちた食べカスなども、ゴキブリの赤ちゃんにとってはエサになります。

ゴキブリの赤ちゃんは、自分のエサになるところに集まってきます。

こまめに掃除をしたり、生ごみは外に捨てるか密閉性の高いゴミ箱に捨てるようにして、ゴキブリの赤ちゃんのエサになるものをなくすようにしましょう。

台所には隠れる場所がある

台所には、ゴキブリの赤ちゃんが隠れられる場所があります。

例えば、

・冷蔵庫の下や裏
・シンクの下
・その他置いてある物の物陰

などです。

こうしたところに、ゴキブリの赤ちゃんは巣を作って生活をしています。

こうした場所はしっかりと掃除をして、ゴキブリの赤ちゃんが住みにくい清潔な環境にしておくようにします。

それをしたうえで、ゴキブリ駆除剤を置いてゴキブリの赤ちゃんを巣ごと駆除してしまうようにしましょう。

まとめ

台所は、ゴキブリの赤ちゃんが一番住みやすい環境が整った場所です。

ゴキブリの赤ちゃんが住みにくい環境にするために、

・徹底した掃除
・ゴキブリ駆除剤を置く

ことをしっかりとしておくようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんが出てくる時期

ゴキブリの赤ちゃんは、多く出てくる時期とそうでもない時期があります。

ゴキブリの赤ちゃんが出てくる時期が分かってくると、その前にやれる対策も分かってきます。

では、ゴキブリの赤ちゃんが出てくる時期はいつ頃なのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんが出始める時期と対策

ゴキブリの赤ちゃんが出始める時期は、おおよそ5月~10月くらいと言われています。

これは、気温が上がってゴキブリの卵が孵化しやすい気温がこのあたりの時期だということです。

ただ、最近の住宅は密閉性が高く部屋の中の温度は以前の住宅よりも高めなので、住宅によってはもう少し早い時期になることもあります。

でも、おおよそ春くらいの時期だと考えておいてください。

そうなると、ゴキブリが卵を産むのはその2ヶ月前くらい、ちょうど新年を迎える1月から2月頃になります。

この時期にゴキブリの卵を見つけて駆除することができれば、春先の時期からゴキブリの赤ちゃんを見る機会がかなり少なくなります。

ゴキブリの卵は、赤茶色のカプセルのような形をしているので、見ればすぐにゴキブリの卵だと分かります。

ゴキブリの卵を付けたら、ティッシュでくるんでトイレに流してしまえばそれで駆除完了です。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんは、気温が上がってくる時期になると、卵から孵化して家の中に出てくるようになります。

そうなる前の卵の状態で駆除してしまえば、ゴキブリの赤ちゃんを見かける機会はかなり減少していきます。

ゴキブリの赤ちゃんが増え始める前の冬の時期に、卵を見つけて駆除できるように掃除をしっかりとするようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんを撃退する時に使うもの

yゴキブリの赤ちゃんが出てきたら、その場で撃退することが重要です。

ゴキブリは約10ヶ月ほどで、成虫のゴキブリに成長していきます。

そうなる前のゴキブリの赤ちゃんの段階で、確実に撃退しておかないと次に出てくる時は成虫のゴキブリにまで成長してしまっています。

それでは、ゴキブリの赤ちゃんを撃退するために、何を使うのが効果的でしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんの撃退にはゴキブリスプレー

ゴキブリの赤ちゃんの撃退には、ゴキブリスプレーが効果的です。

もちろん、ハエ叩きで叩ける方は、それが一番手早く確実です。

でも、ゴキブリが嫌いな女性がそれをするのは、なかなか勇気がいることです。

ゴキブリスプレーなら、自分の手を汚さずにゴキブリの赤ちゃんを撃退することができます。

しかも、スプレーの噴射力は強力なので、少し離れたところからでもゴキブリの赤ちゃんを撃退することができます。

ゴキブリの赤ちゃんは成虫のゴキブリに比べて動くスピードも遅いため、手元にゴキブリスプレーがあればほぼ確実に撃退することができます。

ゴキブリスプレーの種類ですが、今はどのスプレーも効果が高いので、どれを使っても問題ありません。

ただ、ゴキブリの赤ちゃんが出てきた時にすぐ近くにないと撃退する前に逃げられてしまいます。

ゴキブリスプレーは数本買っておいて、家の中のゴキブリが出そうな場所に置いておくようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんは生命力が弱いので、ゴキブリのスプレーで簡単に撃退することができます。

これと同時に、出てきていないゴキブリの赤ちゃんを撃退するために、置くタイプのゴキブリ駆除剤も置いておくようにしましょう。

そうすることで、家の中にいるゴキブリの赤ちゃんを確実に撃退することができるようになります。

ゴキブリの赤ちゃんが玄関に出る理由

ゴキブリの赤ちゃんは、玄関でも見かけることがあります。

ただ、玄関もゴキブリの赤ちゃんが出やすい玄関と出にくい玄関があります。

では、ゴキブリの赤ちゃんが出る玄関とそうでない玄関の違いは一体どんなところでしょうか?

ゴキブリん出やすい玄関と出ない玄関の違い

ゴキブリの出る玄関と出ない玄関の違い、それは、

玄関にものが置いてあるかどうか

です。

玄関に何も物が置いていない場合は、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが身を隠す場所がないので、ゴキブリの赤ちゃんが出ることはあまりありません。

あるとしても、他の部屋からたまたま玄関に来たか、玄関のすぐ外に鉢植えなどがあってそこから玄関に入ってきいたかのどちらかです。

どちらの場合でも、ゴキブリの赤ちゃんがそこに巣を作っているわけではないので、出てきたゴキブリの赤ちゃんだけを駆除すれば問題ありません。

問題があるのは、物が置いてある玄関です。

物が置いてある玄関というのは、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが身を隠せる場所がたくさんあります。

つまり、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが生活する「巣」を作る環境があるということです。

そうなると、玄関にゴキブリの赤ちゃんが出やすくなってしまいます。

対策としては、まず一度置いてある物をどかして、きれいに掃除をするようにしましょう。

そうすることで、ゴキブリの赤ちゃんが住みにくい環境を作ることができます。

それができたら、玄関にゴキブリ駆除剤を数個置いてください。

1つでは少ないので、必ず数個置くようにします。

そうすることで、玄関に住み着いていたゴキブリの赤ちゃんを駆除することが可能になります。

まとめ

玄関にゴキブリの赤ちゃんが出るのは、ゴキブリの赤ちゃんが住みやすい環境があるからです。

もし可能であれば、玄関に置いてあるものをどかすか整頓をして、掃除をしやすいようにしておきましょう。

そうすることで、ゴキブリの赤ちゃんが玄関に住みにくくなります。