アパートの1階のゴキブリ対策

アパートの1階は、他の階に比べるとゴキブリが出る回数はかなり多いと言えます。

これは、アパートの1階は他の階に比べると、外からゴキブリが侵入しやすいのがその原因になっています。

それでは、アパートの1階に住んでいる場合のゴキブリ対策は何をすればいいのでしょうか?




アパートの廊下にゴキブリ駆除剤を置く

アパートの1階でまずやっておきたいのは、廊下にゴキブリ駆除剤を置いておくことです。

ゴキブリは、アパートの部屋の外から中に侵入してきます。

その時に、一番侵入しやすい場所が廊下です。

そのため、廊下にゴキブリ駆除剤を置いて、部屋の中に侵入してくる前に駆除してしまいます。

この時に注意しておきたいのは、ゴキブリ駆除剤を交換する期間です。

外に置いたゴキブリ駆除剤は、部屋の中に置いたものよりも効果が薄れるのが早いです。

1ヶ月に1回はゴキブリ駆除剤を交換するようにしてください。

アパートの1階は玄関の対策が大事

もう1つアパートの1階のゴキブリ対策で忘れてはいけないのは、玄関のゴキブリ対策です。

アパートの1階は、ゴキブリが廊下から玄関を通って部屋の中に侵入してきます。

そのため、部屋の中に最初に侵入してくるのが玄関、ということが非常に多いです。

そのため、玄関にゴキブリ駆除剤を置いておくことで、ゴキブリが部屋の中に侵入する前に駆除することができます。

この時に注意しておきたいのは、玄関の整理整頓をしっかりとしておくことです。

玄関は、靴以外にもいろんな物が置いてあることがあります。

そうすると、アパートの1階の廊下から玄関を通って侵入してきたゴキブリが身を隠す場所があることになります。

ゴキブリは、物陰に隠れてそこを巣にすることがよくあります。

そのため、玄関に物が乱雑に置いてあると、そこを巣にして繁殖をしたりします。

そうならないためにも、玄関にがゴキブリ駆除剤を置くだけでなく、ゴキブリが隠れられないように整理整頓をしっかりとしておくようにしましょう。

まとめ

アパートの1階は、ゴキブリにとっては一番侵入しやすい場所です。

ゴキブリを侵入させないためには、ゴキブリの通り道になっているアパートの廊下と玄関のゴキブリ対策が重要になります。

部屋の中にゴキブリを侵入させてしまうと駆除が面倒になってしまうので、部屋に侵入する前に廊下と玄関でしっかりと駆除できるようにしておきましょう。



SNSでもご購読できます。