ゴキブリの赤ちゃんが玄関に出る理由

ゴキブリの赤ちゃんは、玄関でも見かけることがあります。

ただ、玄関もゴキブリの赤ちゃんが出やすい玄関と出にくい玄関があります。

では、ゴキブリの赤ちゃんが出る玄関とそうでない玄関の違いは一体どんなところでしょうか?

ゴキブリん出やすい玄関と出ない玄関の違い

ゴキブリの出る玄関と出ない玄関の違い、それは、

玄関にものが置いてあるかどうか

です。

玄関に何も物が置いていない場合は、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが身を隠す場所がないので、ゴキブリの赤ちゃんが出ることはあまりありません。

あるとしても、他の部屋からたまたま玄関に来たか、玄関のすぐ外に鉢植えなどがあってそこから玄関に入ってきいたかのどちらかです。

どちらの場合でも、ゴキブリの赤ちゃんがそこに巣を作っているわけではないので、出てきたゴキブリの赤ちゃんだけを駆除すれば問題ありません。

問題があるのは、物が置いてある玄関です。

物が置いてある玄関というのは、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが身を隠せる場所がたくさんあります。

つまり、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが生活する「巣」を作る環境があるということです。

そうなると、玄関にゴキブリの赤ちゃんが出やすくなってしまいます。

対策としては、まず一度置いてある物をどかして、きれいに掃除をするようにしましょう。

そうすることで、ゴキブリの赤ちゃんが住みにくい環境を作ることができます。

それができたら、玄関にゴキブリ駆除剤を数個置いてください。

1つでは少ないので、必ず数個置くようにします。

そうすることで、玄関に住み着いていたゴキブリの赤ちゃんを駆除することが可能になります。

まとめ

玄関にゴキブリの赤ちゃんが出るのは、ゴキブリの赤ちゃんが住みやすい環境があるからです。

もし可能であれば、玄関に置いてあるものをどかすか整頓をして、掃除をしやすいようにしておきましょう。

そうすることで、ゴキブリの赤ちゃんが玄関に住みにくくなります。

SNSでもご購読できます。