ゴキブリ赤ちゃんの行動範囲

ゴキブリの赤ちゃんが部屋の中に出ても、行動範囲を知ることで対策を取りやすくなります。

成虫のゴキブリと比べると、やっかいでもありますが駆除しやすいのがゴキブリの赤ちゃんです。

それでは、ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲とはどの程度なのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲

ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲は、実は思ったほど広くはありません。

家の中の構造にもよりますが、ゴキブリの赤ちゃん自体の行動力が低いため、特定の場所に出ることが多いです。

ゴキブリの赤ちゃんが出やすい場所としては、

・キッチン
・お風呂場
・その近くの部屋

この3ヶ所に集中しやすいです。

ゴキブリの赤ちゃんが住処にしやすいのが「キッチン」と「お風呂場」の2ヶ所だからです。

ゴキブリの赤ちゃんは、巣のようなもの(場所)の周辺で生活をします。

キッチンは、冷蔵庫やシンクの下、お風呂場は洗濯機の下などに巣を作ります。

つまり、行動力の低いゴキブリの赤ちゃんの行動範囲は、その巣の周辺に集中すると思ってください。

行動範囲が分かれば、あとはその周辺にゴキブリ駆除剤を置けば巣ごと駆除することができます。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲は、思っているほど広くありません。

どのあたりに巣があるのかさえ分かってしまえば、その周辺に駆除剤を置くことでしっかり駆除することが可能です。

まずは、

・キッチン
・お風呂場
・その近くの部屋

の3ヶ所に駆除剤を置くようにしましょう。

SNSでもご購読できます。