ゴキブリの幼虫対策は早目が重要!

ゴキブリの幼虫が家に出たということは、ゴキブリの卵が家の中で孵化をしたということです。

ゴキブリの卵は、1つの赤茶色のカプセルの中に20~40個の卵が入っています。

これだけの数のゴキブリの卵が一斉に孵化するので、ゴキブリの幼虫が1匹出たということは、家の中には他にも何十匹という数のゴキブリの幼虫が潜んでいます。

ゴキブリは、幼虫のうちなら生命力もそれほど強くないため、比較的簡単に駆除することが出来ます。

ここでは、確実にゴキブリの幼虫を駆除するためにどのような方法を取ればいいのかをお伝えしていきます。

ゴキブリは幼虫のうちに駆除することが非常に大切なので、1つ1つのゴキブリ対策をしっかりと行うようにしてください。




ゴキブリの幼虫の駆除対策

ゴキブリの幼虫を駆除するため最も重要になる対策が、

ゴキブリ駆除剤を置くこと

です。

ゴキブリの幼虫は、目の前に出てくる数よりも出てこない数の方が圧倒的に多いです。

つまり、まず考えないといけない対策は、

目の前に出てこないゴキブリの幼虫をどうやって駆除するか

ということなのです。

ゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリやゴキブリの幼虫を駆除するということは非常に重要なゴキブリ対策なのですが、

どのゴキブリ駆除剤を使うのか?

ここが非常に重要になってきます。

使うゴキブリ駆除剤を間違えると、ゴキブリの幼虫を退治出来ないだけでなく、ゴキブリの幼虫が大人のゴキブリの成長する時間を与えてしまうことになるので注意が必要です。

では、どのゴキブリ駆除剤を使えば、ゴキブリの幼虫や親ゴキブリを退治できるのでしょうか?


プロ使用のゴキブリ駆除剤を使う

ゴキブリの幼虫や親ゴキブリを確実に駆除するためには、プロも使っているゴキブリ駆除剤を使います。

市販のゴキブリ駆除剤も効果はありますが、やはりプロ使用のゴキブリ駆除剤は駆除力が違います。




⇒プロも使うゴキブリ駆除剤はこちら

このゴキブリ駆除剤は、元々業務用に開発されたゴキブリ駆除剤です。

飲食店のような、ゴキブリが出てはいけない場所で確実にゴキブリやゴキブリの幼虫を退治するために使われていたものを、家庭用にモデルチェンジした駆除剤です。

そのため、市販のゴキブリ駆除剤に比べると駆除効果も高く、短期間でゴキブリやゴキブリの幼虫を退治してくれます。

ゴキブリの幼虫は、出来るだけ短期間で駆除してしまうことが大切です。

それはなぜだか分かりますか?

駆除が遅くなると繁殖を始める

ゴキブリの幼虫の駆除が遅れると、駆除されないゴキブリの幼虫はどんどん成長していきます。

ゴキブリの幼虫は、大体10ヶ月ほどで成虫にまで成長をして、そこから繁殖活動を始めます。

つまり、

目の前に出てきていないゴキブリの幼虫を駆除できないと、家の中のゴキブリの数が爆発的に増えてしまう

という悪循環が生まれます。

ゴキブリ駆除剤を置いているのに、ずっとゴキブリやゴキブリの幼虫が出続けている家というのは、この悪循環になってしまっている可能性が限りなく高いです。

そうなると、市販のゴキブリ駆除剤を使っていては駆除が難しいのが現実です。

その場合は、プロが使ってるような強力なゴキブリ駆除剤を使用することで、ゴキブリが出続ける悪循環を解消することができるのです。

⇒プロも使うゴキブリ駆除剤はこちら


駆除剤も置く場所が重要です

ゴキブリの幼虫の駆除のために、プロ使用のゴキブリ駆除剤を使ったとしても、置く場所が間違っていればゴキブリの数は減っていかないどころか増えてしまいます。



ゴキブリ駆除剤の置く場所というのは、とても重要です。

なぜなら、ゴキブリ駆除剤を置いたとしても、そこにゴキブリやゴキブリの幼虫が現れなければまったく意味がないからです。

では、どういう場所にゴキブリ駆除剤をおけばいいのか?

ゴキブリ駆除剤を置く場所としては、

・キッチン
・シンクの下
・脱衣所


などは、確実に置いておきましょう。

特に、キッチンはゴキブリの餌になるものがたくさんあるので、いくつかゴキブリ駆除剤を置いておくことが大切です。

キッチンの中でも必ずゴキブリ駆除剤を置かないといけない場所は、「冷蔵庫の奥」です。

冷蔵庫の置くというのは、ゴキブリの住処になっていることが多いので、ゴキブリだけでなくゴキブリの幼虫もいることの多い場所です。

こういう、「ゴキブリのよくいる場所」に重点的にゴキブリ駆除剤をおくことで、確実に家の中にいるゴキブリとゴキブリの幼虫を駆除していけるようになるのです。

まとめ

ゴキブリの幼虫というのは、一匹でも出てきたら必ず家の中には何十匹というゴキブリの幼虫がいます。

ゴキブリの幼虫を駆除するためには、

・プロ使用の強力なゴキブリ駆除剤を使う
・駆除剤を置く場所を考える


この2つが非常に大切になります。

ゴキブリの幼虫の駆除は、遅くなったらその分だけゴキブリの幼虫は成長してしまうので厄介です。

家に一匹でもゴキブリの幼虫が出てきたら、必ずすぐにゴキブリ対策を行うようにしてください。

⇒プロも使うゴキブリ駆除剤はこちら






ゴキブリ幼虫の予備知識

ここからは、ゴキブリの幼虫についての予備知識を載せておきます。

ゴキブリの幼虫が出た時の対策はここまでに書いてあることをしておけば問題ありません。

ここから先は、プラスαだと思って読んでください。

ゴキブリの幼虫にハーブやアロマなどは使用しない

ゴキブリの幼虫に対するゴキブリ対策の前に、ゴキブリの幼虫にしてはいけないゴキブリ対策について書いておこうと思います。

それは、

ゴキブリの幼虫の対策にハーブやアロマを使用しない

ということです。



ネット上では、アロマやハーブがゴキブリに効果があると書いてあるサイトがありますが、アロマやハーブはあくまで忌避剤(ゴキブリを近づけない薬)として使用します。

つまり、ゴキブリを退治してくれるものではありません。

アロマやハーブを使ってゴキブリの幼虫が出なくなったとしても、ゴキブリがいなくなった訳ではなく、あなたの見えないところで成長を続けています。

だから、ゴキブリの幼虫に対するゴキブリ対策では、アロマやハーブで一時しのぎをするのではなく、毒餌系のゴキブリ駆除剤を使って幼虫のうちにゴキブリを退治してしまうようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリの幼虫は冬でも出ます

ゴキブリの幼虫は、暖かい時期だけではなく、寒い冬の時期にも家の中に出るようになりました

ゴキブリというのは暖かい時期に産卵をするので、基本的にゴキブリの幼虫も暖かい時期に出てきます。

その後、冬になると寒さで死んでしまうのが普通でしたが、最近の家は冬でも家の中が暖かいため、冬になってもゴキブリの幼虫が死ななくなってしまいました。

そのため、冬でもゴキブリの幼虫が出てくる事態になっています。

この場合、冬の間にゴキブリの幼虫を退治するためにゴキブリ駆除剤などを置いて対策をしておかないと、暖かくなる時期にはゴキブリの幼虫がかなり成長してしまいます。

そうならないように、冬の寒い時期でもゴキブリ対策を行って、冬の間にゴキブリの幼虫を退治してしまうようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら




ゴキブリの幼虫は外からは来ない

ゴキブリの幼虫というのは、運動能力が低いため、家の外から家の中に侵入してくることはありません。

ゴキブリの幼虫というのは、家の中でゴキブリが卵を産み、その卵が孵化してゴキブリの幼虫が出てきます。

つまり、ゴキブリの幼虫が出たということは、家の中でゴキブリが卵を産んで繁殖をしたということになります。

そのため、大人のゴキブリが出た時のように家の外にゴキブリ対策をする必要はありませんが、家の中のゴキブリ対策はかなりしっかりとやる必要があります。

特に、ゴキブリの幼虫は一度に何十匹も一斉に孵化をするので、強力なゴキブリ駆除剤を使って家の中にいるゴキブリの幼虫を駆除するようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら




ゴキブリの幼虫は大量発生します

ゴキブリの幼虫というのは、卵が孵化をすることで家の中に出るようになります。

問題は、その数です。

ゴキブリの卵は、一度に20個~40個の卵が一斉に孵化をします。

つまり、ゴキブリの幼虫が1匹出たら、家の中には20~40匹のゴキブリが大量発生している状況です。

これは、ゴキブリの卵の構造によるところが大きいです。

ゴキブリの卵は、1つの卵鞘(らんしょう)と言われる赤茶色のカプセルのようなものに20個~40個の卵が入っています。

そのため、卵が孵化する時は卵鞘(らんしょう)の中に入っている卵がすべて同じタイミングで孵化するため、ゴキブリの幼虫が大量発生する状況になります。

ゴキブリの幼虫は、1匹見つけたらもう家の中では大量発生しています。

強力なゴキブリ駆除剤を使って、出来るだけ短期間で退治してしまうようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら




ゴキブリ幼虫の関連ページ

ゴキブリの幼虫に関する関連ページです。
気になるページをクリックして情報を探してみましょう。

●ゴキブリの幼虫の発生源について
ゴキブリの幼虫の発生源を知ることで、退治する対策をしやすくなります。
まずは、ゴキブリの幼虫の発生源がどこなのかを知っておきましょう。
⇒ゴキブリの幼虫の発生源について


●ゴキブリの幼虫がいっぱい出る理由
ゴキブリの幼虫がいっぱい出るのには理由があります。
いっぱい出るからにはしっかりと対策をすることも必要です。
⇒ゴキブリの幼虫がいっぱい出る理由


●ゴキブリの幼虫の特徴
ゴキブリの幼虫は、ぱっと見ると他の虫との違いが分かりません。
ゴキブリの幼虫の特徴を知ることで、ゴキブリの幼虫を見逃さなくなります。
⇒ゴキブリの幼虫の特徴


●ゴキブリの幼虫の種類
ゴキブリの幼虫の種類は大きく分けて2種類です。
幼虫の種類によって成長してくるゴキブリが決まってきます。
⇒ゴキブリの幼虫の種類


●赤いゴキブリの幼虫は何?
ゴキブリの幼虫のような虫で赤い色の虫が出てくることがあります。
この赤いゴキブリの幼虫のような虫は一体何なんでしょうか?
⇒赤いゴキブリの幼虫は何?


●白いゴキブリの幼虫は何?
ゴキブリの幼虫に見えても、色が白い虫がいます。
これがゴキブリの幼虫なのでしょうか?
⇒白いゴキブリの幼虫は何?


●ゴキブリの幼虫はどこから来るのか?
部屋をいくら掃除をしても、ゴキブリの幼虫が出てしまうことがあります。
それでは、ゴキブリの幼虫は一体どこから来ているのでしょうか?
⇒ゴキブリの幼虫はどこから来るのか?