ゴキブリの幼虫の特徴を知ろう

ゴキブリの幼虫は、パッと見ると他の虫との違いがよく分かりません。

ゴキブリの幼虫は、パッと見ただけだとサイズも小さいで、そのあたりにいる虫となんら変わりがありません。

だから、ゴキブリの幼虫だと気が付かずに見過ごしてしまいがちですが、ゴキブリの幼虫を見逃すと1年も経たずに成虫のゴキブリに成長してしまいます。

そうなる前に、ゴキブリの幼虫はしっかりと駆除して家の中からゴキブリの幼虫を退治してしまいましょう。




ゴキブリの幼虫の特徴1

ゴキブリの幼虫の特徴のうちの1つは、「色」です。

実は、ゴキブリの幼虫は、脱皮をしたすぐは白い色をしています。

その後、赤い色に変わり、黒い色に変わっていきます。

白いゴキブリの幼虫と遭遇する機会はかなり少ないので、あまり見かけないかもしれませんが、赤いゴキブリの幼虫は見ることがよくあります。

赤いゴキブリの幼虫を見つけたら、すぐに叩くかゴキブリスプレーを使うなどして、その場で退治するようにしましょう。

また、出てきていない赤いゴキブリの幼虫には、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使って駆除するようにしてください。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリの幼虫の特徴2

ゴキブリの幼虫のもう1つの特徴は、「背中の白い横線」です。

黒い色になったゴキブリの幼虫は、他の無視との見分けがほぼつきません。

特に、秋口の虫の多い時期になると、小さいコオロギとの違いは非常に分かりにくいです。

黒い色の虫がゴキブリの幼虫かを見分けるポイント、それが「背中の白い横線」になります。

ちょうど首と胴体の間くらいに白い横線があるのが、ゴキブリの幼虫の特徴になります。

この特徴があったら、確実にその虫はゴキブリの幼虫なので、必ず駆除するようにしてください。

そして、ゴキブリの幼虫は、1匹出たら必ず何十匹かは家の中にいます。

必ずゴキブリ駆除剤を使って、孵化したゴキブリの幼虫をすべて駆除するようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリ幼虫の記事に戻る