ゴキブリの幼虫がいっぱい出る理由

ゴキブリの幼虫は、一匹見つけるとその後いっぱい出てくるようになります。



ゴキブリの幼虫がいっぱい出てくる理由としては、ゴキブリの卵に原因があります。

ゴキブリの卵は、赤茶色のカプセルの中に40個近い卵が入っています。

これが一度に孵化するので、ゴキブリの幼虫を1匹見つけると、その後いっぱい出てくるようになります。

つまり、ゴキブリの幼虫がいっぱい出てくるということは、ゴキブリの卵が家の中で孵化した、というのが一番大きな原因になります。




ゴキブリの幼虫がいっぱい出た時の対策は?

ゴキブリの幼虫がいっぱい出た時の対策としては、すぐにゴキブリ駆除剤を置くようにします。

置く場所は、ゴキブリの幼虫が出た周辺を中心に置くようにしましょう。

あとは、

・キッチン
・冷蔵庫の奥
・シンクの下
・お風呂場

など、湿気のあるところをゴキブリは好む傾向があるので、そのあたりにゴキブリ駆除剤を置くようにします。

置く駆除剤の数としては、多めに置くようにしてください。

なぜかというと、1つの赤茶色のカプセルが孵化するだけで40匹近いゴキブリの幼虫が出てきます。

これが2つ、3つが同じタイミングで孵化してしまっていると、その何倍かのゴキブリの幼虫が家の中にいる状態です。

なので、確実にゴキブリの幼虫を退治出来るように、置く駆除剤の数は多めにして置くようにしてください。

あとは、使うゴキブリ駆除剤です。

効果の薄いゴキブリ駆除剤を使っても、家の中にいっぱいいるゴキブリの幼虫をすべて退治することは出来ません。

なので、確実に短期間で退治出来るように、業務用に作られたゴキブリ駆除剤を使用します。

そうすることで、短期間でゴキブリの幼虫を退治出来るので、ゴキブリが家の中にいっぱいになることを防ぐことが出来ます。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリ幼虫の記事に戻る