ゴキブリの幼虫の発生源

ゴキブリの幼虫は、一度に何十匹という数の幼虫が姿を現すため、発生源を突き止めることが非常に重要です。

なぜ一度にたくさんのゴキブリの幼虫が出るようになるのか?

それは、ゴキブリの卵は一度に約40個ほどが一斉に孵化するため、ゴキブリの幼虫もそれだけの数が一度に出るようになってしまいます。

そのため、ゴキブリの幼虫は短期間で大量発生してしまいます。

ゴキブリの幼虫の発生源を知ることが出来れば、その周辺にゴキブリ駆除剤を置くことでゴキブリの幼虫が成虫になる前に駆除することが可能になります。

それでは、一体ゴキブリの発生源はどのあたりなのかを考えていきましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリの幼虫の発生源には卵がある

ゴキブリの幼虫は、ゴキブリの卵が孵化することで発生するようになります。

つまり、ゴキブリの卵がある場所が、ゴキブリの幼虫の発生源になります。

では、ゴキブリの卵は一体どこにあるのか?

ゴキブリは卵を持って移動する昆虫ですから、通常ゴキブリの卵はゴキブリとともに移動をしています。

ですが、ゴキブリの巣のような場所があり、そこにゴキブリは卵を落とすことが非常に多いです。

ゴキブリの巣になっていることが多い場所、それは、

・冷蔵庫の裏
・シンクの下


など、普段あまり掃除をしないような場所です。

そういった場所にゴキブリは卵を落とすので、そこがゴキブリの幼虫の発生源になっている可能性がとても高いです。

発生源がある程度特定できれば、そこに重点的にゴキブリ駆除剤を置いておくことで、ゴキブリの幼虫が移動をする前に駆除することができます。

ただ、使う駆除剤は強力なものでないとあまり効果がないので、駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を使用するようにしてください。


⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



アパートの場合は発生源が他の部屋の場合もあります

ゴキブリの幼虫の発生源は、戸建の場合は確実に自分の家の中がゴキブリの幼虫の発生源です。

ですが、アパートやマンションの場合は、自分の部屋ではなく他人の部屋がゴキブリの幼虫の発生源になっていることがあります。

アパートやマンションの場合は、他の部屋で発生したゴキブリの幼虫が、ベランダを移動してあなたの部屋に侵入してくることがあります。

その場合、部屋の中だけゴキブリ対策を行っても、発生源が他人の部屋なのでいくらやっても効果はあまりありません。

アパートやマンションで他人の部屋がゴキブリの幼虫の発生源になっている場合は、

ベランダにゴキブリ駆除剤を置く

これをしっかりと行うようにしてください。

ベランダに駆除剤を置くことで、あなたの部屋に入ってくる前にゴキブリの幼虫を退治してしまうことができます。

ただし、ベランダに駆除剤を置く場合は、市販のものでは効果が薄いので、業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を使用するようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリ幼虫の記事に戻る