ゴキブリ退治に洗剤をかける?

ゴキブリがよく出る場所として、キッチンが挙げられます。

キッチンでゴキブリが出た時、すぐに退治をしてしまいたいですがキッチンにいる時は食事を作っている時なので、ゴキブリスプレーなどの駆除剤は出来れば使いたくなりですよね。

そういう時に役に立つのが、食器などを洗う洗剤です。

  

ゴキブリに洗剤をかけると、ゴキブリは死んでしまいます。

洗剤をかけるとゴキブリが死んでしまうのはなぜでしょうか?


洗剤をゴキブリにかけると窒息死してしまう

ゴキブリに洗剤をかけると、なぜ死んでしまうのか?

それは、洗剤をかけられたゴキブリは窒息死してしまうからなんです。

ゴキブリだけではなく、昆虫は気門という穴があって、そこで呼吸をしています。

昆虫は、この気門が水などに濡れてふさがってしまうと、呼吸が出来なくなって死んでしまいます。

でも、ゴキブリは体の表面に油が付いているため、水で窒息することはありません。

そのため、洗剤のように界面活性剤のように油となじむ成分の入っているものをかけると、気門がすべてふさがって窒息死してしまいます。

これが洗剤をかけるとゴキブリが死んでしまう仕組みです。

でも、この退治の仕方には1つ大きな問題があります。

分かりますか?


洗剤でゴキブリを殺すと後片付けが大変!

洗剤を使ってゴキブリを退治すると、退治した時はゴキブリが動かなくなるのでほっとします。

しかし、その後には必ずゴキブリの死骸を処理しないといけない後片付けが待っています。

そう、洗剤まみれになって死んでいるゴキブリの死骸を片付けないといけません。

  

これはやはり気持ちの悪いものです。

もちろん、出てきたゴキブリを処理するということで洗剤を使うのは、その場をしのぐという意味では効果があると思います。

ですが、やはり死骸の後処理のことを考えると、出来れば洗剤はゴキブリ退治に使わなくて済むなら使わずにいたいところです。

ゴキブリは、殺虫能力の高い置くタイプのゴキブリ駆除剤を置くことで、根本的に退治することができます。

普段からそういう駆除剤を置いてゴキブリを駆除しておけば、ゴキブリに洗剤をかけるような事態は避けられますからね。

出来るだけ自分でゴキブリの死骸を片付けなくてもいいゴキブリ対策をしておきましょう。

今は死骸を片付けなくて済むゴキブリ駆除剤もあるので、そういうものを使ってゴキブリ対策をするのがおすすめですよ。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら