冬にゴキブリが出る理由

最近のゴキブリは、暖かい時期だけでなく、寒い冬でも家の中に出るようになってきています。

以前であれば、冬の寒い時期になるとゴキブリは死滅してしまい、家の中に出てくることはありませんでした。

でも、最近の住宅は密閉性が高く、冬の寒い時期でも死滅せずに越冬できるようになってきました。

ゴキブリが冬を越せるようになったということは、暖かくなってくる早い時期から繁殖活動を行うということです。

つまり、夏前には家の中にゴキブリがたくさん出るようになってしまうので、冬にゴキブリが出てきた場合は早めにゴキブリ対策を行いましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



冬にゴキブリがいる場所は?

寒い冬の時期になると、ゴキブリの活動は低下していきます。

そのため、ゴキブリを家の中で見かける回数は減りますが、実際にはあまり寒くない場所でじっとしているケースが多いです。

どのあたりにいるのかというと、

冷蔵庫の裏

です。

冷蔵庫は、24時間ずっと電源をつけたままなので、常に熱を放出しています。

そのため、冷蔵庫の裏は温かく、ゴキブリが越冬するにはとても過ごしやすい環境になっています。

だから、冬場のゴキブリ対策としては、まず冷蔵庫の周りにゴキブリ駆除剤を置くようにしましょう。

そうすることで、ゴキブリの冬の巣になりやすい冷蔵庫周りに潜んでいるゴキブリを駆除することができます。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



冬にゴキブリの幼虫が出た場合は要注意!

ゴキブリというのは、暖かい時期に卵を産んだり繁殖活動をするため、基本的に寒くなる冬場に幼虫が出てくることはありません。

ですが、最近は家の中が暖かく保たれるようになってきているため、冬でもゴキブリの幼虫が出てくることがあります。

ここで気をつけておきたいのは、

ゴキブリの幼虫は一度に数十匹が一斉に産まれてきている

という事実です。

ゴキブリというのは、一度に孵化する数がとても多いです。

そのため、ゴキブリの幼虫を1匹見かけたら必ず同じタイミングで産まれた幼虫が何十匹も家の中にいます。

そして、そのゴキブリの幼虫は来年の秋には大きなゴキブリに成長して、また繁殖活動を行っていきます。

つまり、冬に出てきたゴキブリの幼虫をそのままにしておくと、1年以内に家の中がゴキブリだらけになってしまいます。

そうならないためにも、冬にゴキブリの幼虫が出てきたら、すぐにゴキブリ駆除剤を置いて家の中のゴキブリの幼虫を退治してしまうようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら