チャバネゴキブリはとても危険

チャバネゴキブリというゴキブリは、体の色が茶色で体の大きさは2cmほどのゴキブリです。

  

チャバネゴキブリは、普段見かける黒いゴキブリと比べると実はかなり危険なゴキブリです。

チャバネゴキブリの何が危険なのかというと、

・繁殖力が強い
・体が小さいので家電製品の中に入り込む
・駆除するのに時間がかかる


など、クロゴキブリに比べると少し駆除するのが難しいゴキブリです。

では、まずはチャバネゴキブリを退治できるように、まずはチャバネゴキブリのことを少し知っておきましょう。


チャバネゴキブリの好む場所

チャバネゴキブリというのは、普段家に出るクロゴキブリとは好む場所が違います。

クロゴキブリが好む場所というのはどういう場所かというと、

・湿度が高くてジメジメしている場所

です。

例えば、シンクの下やお風呂場などがいい例ですが、やはり「水がある」場所を好むのがクロゴキブリです。

では、チャバネゴキブリが好む場所はどういう場所なのか?

それは、

・暖かく熱がある場所

です。

チャバネゴキブリは、湿度があるジメジメした場所ではなく暖かい場所を好みます。

つまり、クロゴキブリと同じ感覚でゴキブリ駆除剤を置いてもチャバネゴキブリは退治できません。

チャバネゴキブリを退治するのであれば、冷蔵庫の周りや家電製品の近くなど、熱を発生させるものの近くにゴキブリ駆除剤を置くようにしましょう。


チャバネゴキブリは電化製品の中に入り込む

チャバネゴキブリというのは、体のサイズが2cmあるかないかくらいの小さいゴキブリです。

そして、家電製品のように熱を好む傾向があるので、

家電製品の中に入り込む

ことがあります。

特に、パソコンの中は注意が必要です。

例えば、ノートパソコンなどもサイドにある隙間からノートパソコンの中にチャバネゴキブリは侵入出来てしまいます。

パソコンの中に侵入されてしまうと、侵入したチャバネゴキブリを駆除することは非常に困難になるので、注意が必要です。

また、冷蔵庫の場合は冷蔵庫の中は冷えているので侵入してきませんが、その代わり冷蔵庫のドアの縁の部分にびっしりチャバネゴキブリがいることもあります。

普通のクロゴキブリの場合は、体が大きいのでパソコンなどの家電製品の中に入ることはできません。

でも、チャバネゴキブリの場合は体が小さいため、簡単に入り込めてしまいます。

だから、チャバネゴキブリは早めに駆除することが大切なのです。


チャバネゴキブリは繁殖力もかなり高い

チャバネゴキブリは、繁殖力がクロゴキブリよりもかなり高く、成長のスピードも速いのでとてもやっかいです。

クロゴキブリは1度に産む卵の数は20~30個。

チャバネゴキブリの場合は、一度に50個近くの卵を産みます。

しかも、成虫になるまでの期間も短く、クロゴキブリが10ヶ月程度なのに比べて、

チャバネゴキブリは2ヶ月ほどで成虫になります。

チャバネゴキブリというのは、思っている以上に成長のスピードが速いのです。

チャバネゴキブリが出てから少しの間何も対策をせずにいれば、すぐに家の中やお店の中がチャバネゴキブリだらけになってしまいます。

だから、チャバネゴキブリが出たら、すぐに対策をすることが必要になります。

チャバネゴキブリの駆除は毒餌が基本

チャバネゴキブリを駆除するためには、毒餌系のゴキブリ駆除剤を使うのが基本です。

業者に頼むという方法もありますが、効果としてはかなり一時的になります。

自分で継続してゴキブリ対策をすることが、チャバネゴキブリの駆除には一番効果があります。

ただ、先ほども書いたとおり、チャバネゴキブリというのは繁殖力も高く、駆除が難しいゴキブリです。

そのため、強力な毒餌系の駆除剤を置いて、まずは一気に退治してしまうことが大切です。

使う駆除剤は、業者が使っているような強力な駆除剤を使用しましょう。

 

これは、チャバネゴキブリが出る飲食店などで実際に使われているゴキブリ駆除剤です。

見た目も白く駆除剤に見えないので、よく使われています。

⇒使うゴキブリ駆除剤はこちら

市販のものゴキブリ駆除剤よりも強力なので、チャバネゴキブリを退治するにはとても効果があります。





taiji.htmlへのリンク