ゴキブリ対策でハーブやアロマを使う

ゴキブリ対策をしていく中で、ハーブやアロマオイルを使ってゴキブリ対策をする方法もあります。



ハーブやアロマを使う場合は、これを使ってゴキブリを退治するというよりは、忌避剤(きひざい)といって、ゴキブリが嫌がって近づかないようにするためにハーブやアロマを使います。

ただ、ハーブやアロマオイルの中には、ゴキブリが嫌いな香りのものもあれば、逆にゴキブリが好きな香りのハーブやアロマもあります。

どのハーブやアロマオイルを選ぶかで効果が変わってきますので、まずは効果のあるものないものを紹介していこうと思います。


ゴキブリに効果のあるハーブやアロマオイル

ゴキブリ対策に効果のあるハーブやアロマオイルの代表格は、クローブというハーブのアロマオイルです。



この「クローブ」のアロマオイルはゴキブリが嫌うことで有名です。

他には、セリ科のセロリ、キャラウェイ、クミン、その他種類ではメイス、ナツメグが効果があると言われています。

逆に、効果のないハーブやアロマオイル、というよりもゴキブリを寄せ付けてしまうハーブやアロマオイルもありますので、これは使わないようにしましょう。

有名なところでは、ユーカリ、アニス、バニラビーンズ、このあたりです。

このあたりのハーブやアロマオイルを使うと、かえってゴキブリが集まってきてしまうので、注意が必要です。

ただ、効果があると言われているハーブやアロマオイルも、ゴキブリを退治するわけではないので、必ずゴキブリ駆除剤と併用して使用するようにしましょう。


ハーブやアロマオイルと併用するゴキブリ駆除剤

ハーブやアロマオイルはゴキブリを退治するわけではなく近づけなくするだけなので、ハーブやアロマオイルだけでゴキブリ対策をしてしまうと家の中にいるゴキブリはどんどん増えてしまいます。

なので、ハーブやアロマオイルを使用してゴキブリ対策をする時は、必ずゴキブリ駆除剤もセットで使うようにしてください。

使うゴキブリ駆除剤は、他のページでも紹介している強力な駆除剤を使用します。



強力なゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリ対策をする理由は、もちろん家の中のゴキブリをすべて退治するためです。

中途半端な駆除剤を使ってもなかなか家の中のゴキブリはいなくならないので、最初から強い駆除剤を使って一気に退治してしまいます。

この駆除剤を、ゴキブリがよく出るあたりに置いていきます。

数は、少し多めに置いておくと効果が上がります。

この駆除剤の良いところは、ゴキブリの死骸を見なくていいこと。

この駆除剤を食べたゴキブリは下水まで行って死ぬので、家の中でゴキブリの死骸を見ることはほとんどないのでおすすめです。

最初にもお伝えしましたが、ハーブやアロマオイル自体にゴキブリを退治する効果はありません。

ゴキブリは毒餌の駆除剤を使って初めて家の中の数が減っていきますから、必ず駆除剤を使ってゴキブリ対策を行うようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら