ゴキブリ赤ちゃん

ゴキブリの赤ちゃんがなぜ出るのか?

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出ると、特に掃除をこまめにやっている人ほど「なぜ?」と「思いたくなってしまうものです。

ゴキブリの赤ちゃんは、家の中を丁寧に掃除していても、突然目の前に現れてきます。

でも、一体なぜゴキブリの赤ちゃんは家の中に出てくるのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出る理由

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出る理由。
それは、

家の中でゴキブリが繁殖したから。

これ以外にありません。

ゴキブリの赤ちゃんというのは、行動力が低いため家の外から家の中に入ってくることはまずありません。

つまり、ゴキブリは家の外からやってきたわけではなく、家の中でゴキブリが繁殖した結果家の中に出るようになるのです。

成虫のゴキブリは、家の外から家の中に侵入してきます。

侵入経路は、

・玄関
・換気扇
・エアコン
・排水溝
・その他の隙間

など、様々です。

侵入してきた成虫のゴキブリは、家の中に住み着きます。

これは、ゴキブリにとっての食料があるからと、家の中の室温がゴキブリの生活に適しているから、がその理由です。

そして、家の中に定住したゴキブリが卵を産み、その卵が孵化することで家の中にゴキブリの赤ちゃんが出るようになります。

これが、ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出る理由です。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんが出てくる最初のきっかけは、家の中ではなく家の外からのゴキブリの侵入がきっかけです。

大切なことは、

・侵入してきた成虫のゴキブリを駆除すること
・家の中で孵化したゴキブリの赤ちゃんを駆除すること


この2点です。

方法は、定番ですが一番効果のある「ゴキブリ駆除剤を置くこと」です。

駆除剤は、できるだけ駆除効果の高い、巣ごと駆除できる駆除剤を使うようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんがトイレに出る理由

ゴキブリの赤ちゃんは、キッチンや洗面所だけでなく、トイレに出ることもあります。

トイレという狭い空間の中に出ると、不安になってしまいますよね。

では、トイレにゴキブリの赤ちゃんが出る理由はなんでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんがトイレに出る理由

ゴキブリの赤ちゃんがトイレに出る理由としては、たまたまトイレに迷い込んだ、というものがほとんどです。

ゴキブリの赤ちゃんは、巣のようなものを作ってそこを中心に生活をしています。

巣のようなものを作る場所は、ゴキブリの赤ちゃんが隠れられるようなものがある場所、冷蔵庫の下やシンクの下、洗濯機の下などです。

そうすると、トイレにはそういったゴキブリの赤ちゃんが巣にするような場所はありません。

なので、トイレにゴキブリの赤ちゃんが出た場合は、たまたま迷い込んだと考えるのが自然です。

トイレに出たゴキブリの赤ちゃんの駆除は、ゴキブリスプレーが一番確実です。

場所が狭いのでゴキブリの赤ちゃんが隠れる場所もないですし、何よりも隠れる場所がないのでゴキブリスプレーを確実に当てて駆除することができます。

まとめ

トイレにゴキブリの赤ちゃんが出ても、そこで繁殖しえいるわけではありません。

それに、逃げ場も少ないので、ゴキブリスプレーで確実に駆除することができます。

トイレは、焦らずに対応すれば確実にゴキブリの赤ちゃんを駆除できる場所なので、ゴキブリの赤ちゃんがトイレに出ても落ち着いて駆除するようにしてください。

ゴキブリの赤ちゃんは飛ぶのか?

ゴキブリの赤ちゃんは、体の大きさは小さく、行動力はかなり低いです。

ですが、やはり目の前に出てくると、空を飛ぶのではないかと心配になるものです。

実際のところ、ゴキブリの赤ちゃんは飛ぶと思いますか?

ゴキブリの赤ちゃんは飛ぶのか?

結論から言うと、ゴキブリの赤ちゃんがそらを飛ぶことはありません。

理由は、まだ羽がしっかりと成長していないからです。

ゴキブリの羽は、成虫に成長しないと羽として飛ぶための機能はありません。

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出てきても、飛んでこちらに向かってくることはないので安心してください。

ただ、これがゴキブリの赤ちゃんから成虫まで成長してしまうと、話は変わってきます。

成虫のゴキブリには、立派な羽が生えています。

そのため、鳥のような飛び方はできませんが、飛んでこちらに向かってくることは可能になります。

ゴキブリの成虫になるまでの期間は約1年と言われています。

ゴキブリの赤ちゃんの間に退治してしまい、飛べるようになる成虫になる前に家の中からゴキブリを駆除するようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんが飛ぶことはないので、その点は安心して大丈夫です。

ゴキブリの赤ちゃんは、ゴキブリスプレーと置くタイプの駆除剤で十分駆除することが可能です。

飛べるようになる成虫まで成長する前に、ゴキブリの赤ちゃんを駆除してしまうようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんの特徴

ゴキブリの赤ちゃんは、他にも似た虫がいるため特徴を知らないと他の虫と間違えてしまいます。

ですが、他の虫と間違えて駆除をしないと、1年後には成虫のゴキブリにまで成長してしまうので注意が必要です。

それでは、ゴキブリの赤ちゃんの特徴は、どのようなものがあるのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんの特徴

ゴキブリの赤ちゃんの特徴としては、

・白い二本線がある
・成長すると体は赤茶色

この2点が大きな特徴です。

■白い二本線がある

産まれて間もないゴキブリの赤ちゃんの特徴としては、「体に二本線がある」ことが一番大きな特徴です。

見た目の色は黒っぽく体も小さいので、他の虫と見分けがつきにくいです。

でも、体に二本線があるので、その特徴があればゴキブリの赤ちゃんです。

■成長すると体は赤茶色

ゴキブリの赤ちゃんは、成長していくと体の色が赤茶色に変化していきます。

見た目の特徴もゴキブリによく似てくるので、この時期になってくるとほぼゴキブリの特徴と一致してきます。

体の白い二本線はなくなっていきますが、代わりに黒い横のラインが特徴として出てきます。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんの特徴は、成長時期によって変わってきます。

成長途中の特徴に比べると、産まれてすぐのゴキブリの赤ちゃんの特徴は少し分かりにくいです。

でも、こうして見た目の特徴が分かってくると、ゴキブリの赤ちゃんか他の虫かが判断できるようになってきます。

見た目にゴキブリの赤ちゃんの特徴があれば、すぐに駆除剤を置くなど駆除対策を行うようにしてください。

透明なゴキブリの赤ちゃんの正体

ゴキブリの赤ちゃんは、基本的に黒か赤茶色をしています。

その中で、ごくまれにですが透明なゴキブリの赤ちゃんを見かけることがあります。

この透明なゴキブリの赤ちゃんの正体は、一体何なのでしょうか?

透明なゴキブリの赤ちゃんの正体

透明なゴキブリの赤ちゃんは、脱皮したばかりのゴキブリの赤ちゃんです。

ゴキブリは成虫になるまでに10回程度脱皮を繰り返します。

脱皮を繰り返すことで、徐々に成虫に成長していきます。

脱皮をした直後のゴキブリの赤ちゃんが、透明のゴキブリの赤ちゃんの正体です。

ただ、ゴキブリの赤ちゃんは警戒心が強く、あまり人目に付く場所まで出てくることはありません。

そのため、透明のゴキブリの赤ちゃんを見かけることは、本当にまれなことです。

ですが、透明のゴキブリの赤ちゃんが出てきたということは、確実に家の中ではゴキブリが繁殖をしています。

出てきた透明なゴキブリの赤ちゃん以外にも、必ずゴキブリの赤ちゃんが潜んでいます。

ゴキブリの赤ちゃんの駆除方法は、置くタイプのゴキブリ駆除剤を置くことです。

少し多めの数のゴキブリ駆除剤を置いて、家の中のゴキブリの赤ちゃんを確実に駆除していくようにしてください。

まとめ

透明なゴキブリの赤ちゃんがいたということは、確実に家の中でゴキブリは成長しています。

ゴキブリが成虫に成長するまでの期間は、約1年です。

そこまで成長する前に、しっかりと駆除剤を使って駆除してしまえるようにしましょう。

茶色いゴキブリの赤ちゃんの正体

ゴキブリの赤ちゃんは、基本的には黒、もしくは赤茶色をしています。

ですが、中には茶色いゴキブリの赤ちゃんが出てくる場合があります。

この茶色いゴキブリの赤ちゃん、赤茶色のゴキブリの赤ちゃんが出てくるよりも状況的には良くありません。

では、この茶色のゴキブリの赤ちゃんの正体は一体何なのでしょうか?

茶色のゴキブリの赤ちゃんの正体

茶色のゴキブリの赤ちゃんの正体は、「チャバネゴキブリ」という種類のゴキブリの赤ちゃんです。

このチャバネゴキブリというゴキブリ、普段よく見かけるゴキブリに比べると体の色は茶色く、体の大きさも2cm程度と小柄です。

ですが、繁殖力は普段見かける黒いゴキブリよりもかなり強く、一度家の中に出るようになると完全に駆除するのがかなり難しい害虫です。

黒いゴキブリは繁殖が出来るようになるまでにやく1年ほどですが、このチャバネゴキブリという種類のゴキブリは、約3ヶ月で繁殖できるようになります。

スピードだけで考えると、普通のゴキブリの約4倍のスピードで増えていきます。

また、体が小さいため、電化製品の中に入り込んでしまうので、それも駆除がやりにくい原因の1つになっています。

茶色いゴキブリの赤ちゃんが出てきたということは、家の中でチャバネゴキブリが繁殖をしている可能性が高いです。

すぐに駆除剤を置くなどして、チャバネゴキブリの駆除をするようにしましょう。

まとめ

茶色いゴキブリの赤ちゃんは、見かけたらすぐに駆除対策をするのが大切です。

駆除対策をするのが遅くなると、その分完全に駆除することが難しくなっていきます。

普通のゴキブリ以上にスピード勝負になりますので、できるだけ見かけたその日に駆除剤を置くようにしてください。

ゴキブリの赤ちゃんがたくさん出てくる理由

ゴキブリの赤ちゃんは、1匹出てくるとその後立て続けに何匹も出てくることが多いです。

大きな成虫のゴキブリはそれほどの頻度で出ててくることは少ないですが、ゴキブリの赤ちゃんはたくさん出てきます。

それでは、ゴキブリの赤ちゃんがたくさん出てくる理由はなんでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんがたくさん出てくる理由

ゴキブリの赤ちゃんがたくさん大量に出てくる理由は、卵の孵化にあります。

ゴキブリの卵は、卵鞘(らんしょう)という赤茶色のカプセル状の中に20個~40個の卵が入っています。

卵が孵化する時は、20個~40個のゴキブリの卵が一斉に孵化します。

これが、ゴキブリの赤ちゃんがたくさん大量に出てくるようになる理由です。

時期としては5月~10月、部屋の中の温度が高くなる時期に多く孵化します。

ただ、最近の住宅は密閉度が高く、冬でも気温が高くなってします。

そのため、近年では冬場でもゴキブリの卵が孵化するようになってきました。

ゴキブリの赤ちゃん自体は、置くタイプの駆除剤を設置することで、まとめて駆除することができます。

しかし、ゴキブリの卵自体は、燻煙タイプの駆除剤も効果はないので、見つけて捨てるしか駆除の方法はありません。

なので、ゴキブリの赤ちゃんだけでなくゴキブリの卵も駆除をしたい場合は、家の中を徹底して掃除するようにします。

ゴキブリは巣を作ってそこを中心に生活をしますが、冷蔵庫の下や洗濯機の下などに巣を作ることが多いです。

なので、そのあたりを重点的に掃除をして、ゴキブリの卵を見つけて捨てるようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんの大量発生を防ぐためには、ゴキブリの卵を見つけて捨てる必要があります。

そのためにやることは、とにかく掃除をすること。

ゴキブリの卵はどのタイプの駆除剤も効果がないため、掃除をするしか駆除する方法はありません。

ゴキブリの赤ちゃんは置くタイプの駆除剤で駆除することが可能なので、必ず設置するようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんが洗面所に出やすい理由

ゴキブリの赤ちゃんがよく出る場所の代表格が「洗面所」です。

洗面所付近でゴキブリの赤ちゃんを目撃した方も多いはずです。

では、なぜゴキブリの赤ちゃんは洗面所付近によく出てくるのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんが洗面所に出やすい理由

ゴキブリの赤ちゃんが洗面所に出やすい理由、それは、

・水回りで湿度がある
・適度に隠れるところがある
・お風呂場が近い

この3つが挙げられます。

水回りで湿度がある

まず最初の理由は、「水回りで湿度がある」からです。

ゴキブリは、乾燥を嫌い、適度に湿度のある場所を好みます。

洗面所というのは、必ず水を使いますから、他の場所に比べると湿度が高くなっています。

これが、洗面所にゴキブリの赤ちゃんが出やすい1つ目の理由です。


■適度に隠れるところがある

2つ目の理由は、「適度に隠れるところがある」ことがゴキブリの赤ちゃんが出てきやすい2つ目の理由です。

ゴキブリの赤ちゃんはあまり行動力が高くないため、普段は目の届かないところに隠れています。

洗面所は、必ず下に扉があってその中に物を収納できるようになっています。

ゴキブリの赤ちゃんは、普段はこういったところに隠れて生活をしています。

これが、洗面所にゴキブリの赤ちゃんが出やすい2つ目の理由です。


お風呂場が近い

ゴキブリの赤ちゃんが洗面所に出やすい3つ目の理由は、「お風呂場が近い」からです。

お風呂場は、適度に湿度があり空気もこもりがちです。

そのため、ゴキブリの赤ちゃんが生活するのは、とても良い環境になっています。

また、お風呂場の脱衣所には洗濯機が備え付けになっている家庭も多いですが、ゴキブリは洗濯機の下に巣を作りやすいです。

ここに巣を作っているゴキブリの赤ちゃんが、洗面所の方まで出てきたりします。

これが、ゴキブリの赤ちゃんが洗面所に出やすい3つ目の理由です。

まとめ

以上の理由から、ゴキブリの赤ちゃんは洗面所付近によく出没します。

ゴキブリ駆除剤を置いて駆除するのが最も効果的ですが、洗面所に駆除剤を置く場合は、

・洗面所の下の棚の中
・洗面所の壁沿い
・お風呂場の洗濯機の近く

この3ヶ所に駆除剤を置くようにしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんの成長速度

ゴキブリの赤ちゃんは、そのままにしておくといつか成長して成虫のゴキブリになってしまいます。

成虫のゴキブリに成長してしまうと、繁殖活動を始めます。

そうなると、家の中にゴキブリが増えていってしまうので、ゴキブリの赤ちゃんのうちに駆除しておくことが大切です。

では、ゴキブリの赤ちゃんはどのくらいの期間で成虫まで成長してしまうのでしょうか?

ゴキブリの赤ちゃんの成長速度

ゴキブリの赤ちゃんが産まれてから成虫になるまでの期間は、約1年程度です。

約1年すると、成虫にまで成長してしまい、繁殖活動ができるようになってしまいます。

ゴキブリの赤ちゃんの問題は、警戒心が強くあまり人の目の届くところに出てくることがありません。

そのため、ゴキブリの赤ちゃんを見つけた時に、そのゴキブリの赤ちゃんは産まれて数ヶ月は経っていると考えてください。

体のサイズにもよりますが、体の色が赤茶色で1cm程度だと、すでに5ヶ月が経過している状態です。

そのサイズのゴキブリの赤ちゃんが出てきた場合は、もう半年間成長していくと成虫のゴキブリになってしまいます。

ゴキブリの赤ちゃんを見つけてから成虫に成長するまでの期間は、する約半年ほど。

なので、ゴキブリの赤ちゃんを見つけた時は、ゴキブリ駆除剤を置くなど、できるだけ早く駆除するようにしましょう。

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんが成虫に成長するまでの期間は、約1年あります。

でも、見つけてから成虫になるまでの期間は、もっと短いです。

ゴキブリは、成長してしまうと完全に駆除するのがどんどん難しくなってしまいます。

ゴキブリの赤ちゃんを見つけた時は、すぐに駆除剤を置いて駆除するようにしましょう。

新築にゴキブリの赤ちゃんが出る原因と対策

ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが出るというと、築年数の古い家を想像してしまいますが、実際は新築の家にもゴキブリやゴキブリの赤ちゃんは出ます。

ただ、建てたばかりの新築の家になぜゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが出てくるのか、理由が分からない方も多いと思います。

ここでは、なぜ新築の家にゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが出るのか、その理由を説明していきます。

新築にゴキブリが出る理由

新築の家にゴキブリの赤ちゃんが出る理由を書く前に、まずはなぜ成虫のゴキブリが出てくるのかを説明する必要があります。

ゴキブリは、家の中で自然発生することはありません。

まず最初のゴキブリは、家の外から部屋の中に侵入してきます。

侵入経路は、

・玄関
・エアコン
・換気扇
・窓

など、様々です。

こうしたところから、最初のゴキブリが家の中に侵入してきます。

これが、新築の家にゴキブリがすぐに出るようになった理由です。


ゴキブリの赤ちゃんが新築の家に出るようになる理由

そして、ゴキブリの赤ちゃんが新築に出るようになる理由も、最初のゴキブリが家の中に侵入してくるのと関係があります。

ゴキブリは、卵鞘(らんしょう)という赤茶色のカプセルのようなものの中に、20個から40個の卵を入れて持ち運んでいます。

ゴキブリの赤ちゃんが新築に出る原因は、この卵鞘を持ったゴキブリが新築の家の中に侵入して持っていた卵が孵化したことです。

ゴキブリの赤ちゃんは体がまだしっかりしていないため、行動力が低いです。

そのため、家の外から家の中に侵入してくることはまずありません。

新築の家の中にゴキブリの赤ちゃんが出てしまった場合は、家の中でゴキブリの卵が孵化してしまった証拠です。

すぐに、置くタイプのゴキブリ駆除剤などを設置するなどして、孵化したゴキブリの赤ちゃんを駆除するようにしましょう。

まとめ

新築にゴキブリの赤ちゃんがでる理由は、

家の中に持ち込まれたゴキブリの卵が孵化したから

これしかありません。

もし新築の家にゴキブリの赤ちゃんが出てしまった場合は、できるだけ早くゴキブリ駆除剤を置くなどして、ゴキブリの赤ちゃんを駆除するようにしましょう。