ゴキブリ対策にはまずこの2つをやりましょう

ゴキブリが出た時には、すぐにゴキブリ対策をする必要があります。

というのも、ゴキブリというのは生命力と繁殖力が高く、ゴキブリ対策をしないと家の中のゴキブリの数がどんどん増えてしまうからです。

ゴキブリ対策をするうえで、とても大切なことが1つあります。

1つめは、強力なゴキブリ駆除剤でゴキブリ対策を行うこと。

効果の薄いゴキブリ駆除剤をいくら使っても、ゴキブリにはあまり効果はありません。

2つめは、ゴキブリ駆除剤をどこにどのくらい置くのか。

効果の高いゴキブリ駆除剤を使ったとしても、置く場所を間違えたり、数が少なければあまり効果はありません。

ここでは、家に出てくるゴキブリを退治するための対策として、効果の高いゴキブリ駆除剤とその使い方を紹介していきたいと思います。

ゴキブリに悩んでいる方は、ぜひやってみてくださいね。

ゴキブリ対策の基本

まず、ゴキブリ対策の基本は、

効果の高いゴキブリ駆除剤を使う

これがとっても重要です。

効果の高いゴキブリ駆除剤を使えば、短期間で家の中のゴキブリを駆除することが出来ます。

ゴキブリというのは思っている以上に繁殖力が高く、1度に20個~40個の卵を産みます。

つまり、ゴキブリ対策に時間をかけてしまうと、それだけの数のゴキブリが家の中に一斉に増えるということになってしまうんですね。

効果の高い駆除剤を使ってゴキブリ対策をすれば、家の中でゴキブリが繁殖するのを防ぐことができます。

だから、強力で効果の高いゴキブリ駆除剤を使って、一気にゴキブリ対策をしてしまうことが大事なんです。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら


ゴキブリ対策で使う駆除剤

ゴキブリ対策で使う駆除剤は、業務用に作られた駆除剤を使用します。

業務用に作られたものなので、効果は抜群です。





この駆除剤の良いところは、

ゴキブリに対しての殺虫能力がとにかく高い!

もう1つ、これがこのゴキブリ駆除剤の素晴らしいところは、

ゴキブリの死骸をほとんど見なくて済む

ここです。

この駆除剤を食べたゴキブリは、体の水分がなくなっていくので、下水に水を求めて移動してそこで息絶えてしまいます。

だから、ゴキブリの死骸の片づけをしたくない女性には、とてもおすすめの駆除剤です。

⇒使う駆除剤はこちら

では、この駆除剤をどこに置いたら効果の高いゴキブリ対策が出来るのか、それを解説していきます。

ゴキブリ駆除剤を置く場所

ゴキブリ駆除剤を置く場所ですが、まず家の中で置く場所です。

重要なポイントは、

・キッチン
・冷蔵庫の周り
・シンクの下
・お風呂場
・玄関
・その他ゴキブリが出た場所


この5箇所にゴキブリ駆除剤を置きます。

大切なのは、「置くゴキブリ駆除剤の数」です。

置く数が少ないと、当たり前ですがゴキブリ対策としての効果は薄くなります。

出来れば、それぞれの場所に2つずつは置くようにしてください。

これ以外で重要な場所は、家の外にあります。

・エアコンの室外機の周辺
・植木鉢


などです。

植木鉢は、ゴキブリが昼間潜む場所なので、ここにもゴキブリ駆除剤を置いておきましょう。

そして、エアコンの室外機の周辺。ここが実はとても大事な場所なんです。



エアコンの室外機は常に家の外にあります。つまり、家の中と外を繋いでいるわけです。

ゴキブリは、エアコンの室外機からホースを登ってエアコンに侵入。そこから部屋の中に入ってきます。

エアコンは、ゴキブリの重要な侵入経路なんですね。

そして、最近はエアコンの中のゴキブリが原因で火災が発生しているというケースも報告されていますので、エアコンの室外機の近くは出来るだけ駆除剤を置くようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら


マンションやアパートのゴキブリ対策について

マンションやアパートのゴキブリ対策で重要になるのは、

ゴキブリ駆除剤をどこに置くのか

です。

マンションやアパートは、部屋の中は戸建に比べると部屋数が少ないので、それほど部屋の中のゴキブリ対策は大変ではありません。

マンションやアパートで重要になるのは、ベランダのゴキブリ対策です。

マンションやアパートのような集合住宅では、必ずベランダは他の部屋とつながっています。

つまり、ゴキブリは他の部屋のベランダから移動をしてくるのです。

そして、ベランダにあるエアコンの室外機から貴方の部屋の中に侵入してきます。

マンションやアパートのゴキブリ対策は、ベランダを重点的にやることで部屋の中に入ってくる前にゴキブリを退治することが出来ます。

やり方は簡単です。

ベランダにゴキブリ駆除剤を置くのですが、ベランダの四隅に駆除剤を置きましょう。

そうすることで、貴方の部屋のベランダに入ってくるゴキブリを部屋に入ってくる前に退治することが可能です。

マンションやアパートにお住まいの方は、ベランダのゴキブリ対策を見直してみましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ゴキブリ対策でハーブはあまり効果なし?

ゴキブリ対策にハーブを使う方法もあります。



ハーブを使ったゴキブリ対策というのは、ゴキブリを退治する訳ではないので、ゴキブリ対策にはそれほど効果がありません。

ゴキブリ対策にハーブを使うのは、ゴキブリが嫌がる香りを出してゴキブリを遠ざけるという「忌避剤」としての役割として使用します。

つまり、ゴキブリはハーブを置いているところには近づかなくなりますが、家の他の場所に住処を移すだけなので、根本的な対策になるわけではありません。

ゴキブリ対策の基本は、毒餌系のゴキブリ駆除剤を置いてゴキブリをすべて退治してしまうことです。

ですので、ゴキブリ対策にハーブを使う場合は、必ず毒餌系のゴキブリ駆除剤も使って家の中のゴキブリを退治するようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



ペットがいる場合のゴキブリ対策

ペットがいる場合のゴキブリ対策は、基本的に普通のゴキブリ対策とやり方は変わりません。

駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を置いて、ゴキブリを駆除します。

ただし、ペットがいる場合は、ゴキブリ駆除剤を置く場所を考えないといけません。

普通にキッチンなどに置いてしまうと、ペットが間違えてゴキブリ駆除剤を口にしてしまうといけないからです。

なので、ゴキブリ駆除剤を置くのは、

・冷蔵庫の周りの奥
・シンクの下


など、ペットがどうやっても届かない場所に駆除剤を置くようにしましょう。

ペットがいても、基本的に行うゴキブリ対策は同じです。

ただし、ペットの手の届かない場所にゴキブリ駆除剤を置く工夫を行うようにしてください。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら



飲食店のゴキブリ対策について

飲食店のゴキブリ対策で重要になるのは、

ゴキブリ駆除剤の見た目

です。

飲食店は、食べ物を扱ったり水を多く使う関係でどうしてもゴキブリは出てしまいます。

なので、ゴキブリ駆除剤を使ってゴキブリ対策を行うのですが、市販のゴキブリ駆除剤というのは黒い色の物が多いです。

そういうゴキブリ駆除剤をお店に置いておくと、

「このお店はゴキブリが出るんだな」

と思われてしまい、ゴキブリが出てなかったとしても非常に不衛生な印象を持たれてしまいます。

ここで紹介しているゴキブリ駆除剤は、業務用に作られたものなので効果も強力ですが、見た目が白い色なのでゴキブリ駆除剤に見えません。



だから、実際に飲食店などでの導入事例が多いのです。

飲食店のゴキブリ対策で使う駆除剤は、効果も重要ですが同じくらい見た目も重要です。

見た目でゴキブリ駆除剤だと分かる市販のものではなく、効果も強力でゴキブリ駆除剤に見えない見た目のものを使用するようにしましょう。

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら