ゴキブリについて

ゴキブリは家の中に出てくる頻度が最も高く、最も駆除や対策に手のかかる害虫です。
放置しておくと家の中で個体数を増やし、どんどん生息域を広げていきます。
かといって駆除しようにも、どうもうまく駆除することが出来ないのが「ゴキブリ」です。
ゴキブリを効率良く駆除していくためには、ゴキブリの生態や習性など、ゴキブリ自体のことを知っておく必要があります。
それでは、ゴキブリを家の中から完全に駆除するために、まずはゴキブリのことについて簡単に説明をしていきます。

ゴキブリの種類

まずは、ゴキブリの種類を知っておくことが大切です。
家の中に出てくるゴキブリは、大きく分けると3種類のゴキブリに分かれます。
それぞれの特徴を書いていきますが、写真は見ても良い気分にはならないので載せずに文章のみで説明をしていきます。

1、クロゴキブリ
まずは、家の中に出てくるゴキブリ代表格「クロゴキブリ」です。
このゴキブリは、成虫になると大きさは大体3cm~4cmほどになります。
色は黒褐色で、黒光りをしています。
家の中で見かけるゴキブリのほとんどは、この「クロゴキブリ」というゴキブリの種類になります。

2、チャバネゴキブリ
チャバネゴキブリは、クロゴキブリに比べると体の大きさも小さく、大体1cm程度の大きさです。
体の色は明るい茶色をしているので、他の虫と間違えやすい特徴があります。
主に、飲食店やビルのような建物に出現します。
ただ、飲食店などが近い住宅には出てくることも多いので、注意が必要です。

3、ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリは、元々は沖縄を中心に気温の高い地域に生息していたゴキブリです。
最近は温暖化の影響により、全国に生息域を広げています。
体の大きさは3cm~4cmと、家の中に出てくるゴキブリとしては最も大きい種類のゴキブリになります。

ここがポイント!

家の中に出ているゴキブリの種類を知ることで、どの対策や駆除方法をすればいいのかが分かってきます。 まずは、家の中に出ているゴキブリの種類を知っておきましょう。

ゴキブリの習性

ゴキブリは、基本的には夜行性です。
昼間は物陰に隠れていて、夜暗くなってから行動を始めます。
夜にゴキブリの遭遇率が高くなるのは、そのためです。
また、ゴキブリは集団で生息する習性があります。
よく「ゴキブリを1匹見つけたらその家には何十匹もゴキブリが住んでいる」と言われるのは、集団で生息する習性によるものです。
また、暗くて狭く暖かい場所を好むため、家電製品の中に入り込んでしまうこともあります。
そのせいで、エアコンから出火するなどの事故が起こることがあります。
食事に関しては、雑食性でとにかく何でも食べてしまいます。
食事の残りや食べかすだけでなく、髪の毛や本、仲間のゴキブリの糞など、とにかく何でも食べます。
そして、繁殖力に関しては他の虫に比べるととても高いため、一度繁殖を許すと爆発的に個体数を増やしていくので注意が必要です。

ここがポイント!

ゴキブリの習性が分かると、ゴキブリにどのアプローチで対策をすればいいのかが分かってきます。
基本的なところですが、しっかりと覚えておきましょう。

ゴキブリによるトラブル

ゴキブリが家の中に生息してしまうと、色々なトラブルの原因になります。
例えば、ゴキブリは、サルモネラ菌、赤痢菌などの病原菌を運んでいることでも知られています。
それ以外にも、ゴキブリの糞や死骸は、アレルギーの原因になるので放置しておくと健康に対してマイナスになります。
それ以外にも大きなことは、突然ゴキブリが目の前に出てきたことによる不快感、それに伴う調理中の事故などもあります。
また、家の中の食品を食べたり、電気系統のショートの原因になったりと、ゴキブリが引き起こすトラブルは挙げていくとキリがありません。
ゴキブリがいることでそういったトラブルが起こるリスクがあるということを知り、それを避けるために対策や駆除をするということが重要になります。

ここがポイント!

ゴキブリは衛生的にも問題になることがとても多い昆虫です。
健康的な生活を送るためにも家の中をゴキブリが生息しない環境にしていくことが大切です。

ゴキブリの繁殖について

ゴキブリの繁殖については、ゴキブリの種類によって違います。

1、クロゴキブリ
クロゴキブリは、卵か幼虫の状態で冬を超えます。
その後、気温が高くなってくる5月~9月の間に成虫へと成長していきます。
卵を産む期間は、6月~9月頃までと考えられています。
卵を産んでからその卵が成虫になり繁殖できるようになるまでは、おおよそ10ヶ月から1年程度です。

2、チャバネゴキブリ
チャバネゴキブリは、クロゴキブリと違い卵が孵化するまでの20日ほどは卵を持ちながら行動しています。
そのため、卵を産み落としてすぐに卵は孵化します。
その後、約2ヶ月~3ヶ月程度で成虫になり、繁殖活動を始めます。
チャバネゴキブリの繁殖力が強いのは、こうした繁殖までのサイクルが短いことが関係しています。

3、ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリは、6月~8月の気温が高い時期に卵を産んで繁殖をします。
基本的なところはクロゴキブリと変わりませんが、産卵の回数がクロゴキブリに比べると1.5倍以上になります。
そのため、クロゴキブリに比べて数が増えやすく、駆除に手間と時間がかかります。

ここがポイント!

どのゴキブリも繁殖のサイクルは1年以内と短く、1年に何度も産卵するのが特徴です。
そのため、駆除が遅くなると家の中の個体数はどんどん増えていくので注意が必要です。




ゴキブリについて

ゴキブリは家の中に出てくる頻度が最も高く、最も駆除や対策に手のかかる害虫です。
放置しておくと家の中で個体数を増やし、どんどん生息域を広げていきます。
かといって駆除しようにも、どうもうまく駆除することが出来ないのが「ゴキブリ」です。
ゴキブリを効率良く駆除していくためには、ゴキブリの生態や習性など、ゴキブリ自体のことを知っておく必要があります。
それでは、ゴキブリを家の中から完全に駆除するために、まずはゴキブリのことについて簡単に説明をしていきます。

ゴキブリの種類

まずは、ゴキブリの種類を知っておくことが大切です。
家の中に出てくるゴキブリは、大きく分けると3種類のゴキブリに分かれます。
それぞれの特徴を書いていきますが、写真は見ても良い気分にはならないので載せずに文章のみで説明をしていきます。

1、クロゴキブリ
まずは、家の中に出てくるゴキブリ代表格「クロゴキブリ」です。
このゴキブリは、成虫になると大きさは大体3cm~4cmほどになります。
色は黒褐色で、黒光りをしています。
家の中で見かけるゴキブリのほとんどは、この「クロゴキブリ」というゴキブリの種類になります。

2、チャバネゴキブリ
チャバネゴキブリは、クロゴキブリに比べると体の大きさも小さく、大体1cm程度の大きさです。
体の色は明るい茶色をしているので、他の虫と間違えやすい特徴があります。
主に、飲食店やビルのような建物に出現します。
ただ、飲食店などが近い住宅には出てくることも多いので、注意が必要です。

3、ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリは、元々は沖縄を中心に気温の高い地域に生息していたゴキブリです。
最近は温暖化の影響により、全国に生息域を広げています。
体の大きさは3cm~4cmと、家の中に出てくるゴキブリとしては最も大きい種類のゴキブリになります。

ここがポイント!

家の中に出ているゴキブリの種類を知ることで、どの対策や駆除方法をすればいいのかが分かってきます。 まずは、家の中に出ているゴキブリの種類を知っておきましょう。

ゴキブリの習性

ゴキブリは、基本的には夜行性です。
昼間は物陰に隠れていて、夜暗くなってから行動を始めます。
夜にゴキブリの遭遇率が高くなるのは、そのためです。
また、ゴキブリは集団で生息する習性があります。
よく「ゴキブリを1匹見つけたらその家には何十匹もゴキブリが住んでいる」と言われるのは、集団で生息する習性によるものです。
また、暗くて狭く暖かい場所を好むため、家電製品の中に入り込んでしまうこともあります。
そのせいで、エアコンから出火するなどの事故が起こることがあります。
食事に関しては、雑食性でとにかく何でも食べてしまいます。
食事の残りや食べかすだけでなく、髪の毛や本、仲間のゴキブリの糞など、とにかく何でも食べます。
そして、繁殖力に関しては他の虫に比べるととても高いため、一度繁殖を許すと爆発的に個体数を増やしていくので注意が必要です。

ここがポイント!

ゴキブリの習性が分かると、ゴキブリにどのアプローチで対策をすればいいのかが分かってきます。
基本的なところですが、しっかりと覚えておきましょう。

ゴキブリによるトラブル

ゴキブリが家の中に生息してしまうと、色々なトラブルの原因になります。
例えば、ゴキブリは、サルモネラ菌、赤痢菌などの病原菌を運んでいることでも知られています。
それ以外にも、ゴキブリの糞や死骸は、アレルギーの原因になるので放置しておくと健康に対してマイナスになります。
それ以外にも大きなことは、突然ゴキブリが目の前に出てきたことによる不快感、それに伴う調理中の事故などもあります。
また、家の中の食品を食べたり、電気系統のショートの原因になったりと、ゴキブリが引き起こすトラブルは挙げていくとキリがありません。
ゴキブリがいることでそういったトラブルが起こるリスクがあるということを知り、それを避けるために対策や駆除をするということが重要になります。

ここがポイント!

ゴキブリは衛生的にも問題になることがとても多い昆虫です。
健康的な生活を送るためにも家の中をゴキブリが生息しない環境にしていくことが大切です。

ゴキブリの繁殖について

ゴキブリの繁殖については、ゴキブリの種類によって違います。

1、クロゴキブリ
クロゴキブリは、卵か幼虫の状態で冬を超えます。
その後、気温が高くなってくる5月~9月の間に成虫へと成長していきます。
卵を産む期間は、6月~9月頃までと考えられています。
卵を産んでからその卵が成虫になり繁殖できるようになるまでは、おおよそ10ヶ月から1年程度です。

2、チャバネゴキブリ
チャバネゴキブリは、クロゴキブリと違い卵が孵化するまでの20日ほどは卵を持ちながら行動しています。
そのため、卵を産み落としてすぐに卵は孵化します。
その後、約2ヶ月~3ヶ月程度で成虫になり、繁殖活動を始めます。
チャバネゴキブリの繁殖力が強いのは、こうした繁殖までのサイクルが短いことが関係しています。

3、ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリは、6月~8月の気温が高い時期に卵を産んで繁殖をします。
基本的なところはクロゴキブリと変わりませんが、産卵の回数がクロゴキブリに比べると1.5倍以上になります。
そのため、クロゴキブリに比べて数が増えやすく、駆除に手間と時間がかかります。

ここがポイント!

どのゴキブリも繁殖のサイクルは1年以内と短く、1年に何度も産卵するのが特徴です。
そのため、駆除が遅くなると家の中の個体数はどんどん増えていくので注意が必要です。








Copyright (C) 2019 ゴキブリ対策と駆除方法 All Rights Reserved.